コラーゲンのはたらき

コラーゲンと体

コラーゲンは肌とカラダにとっても重要!

女性のイラスト ここではコラーゲンがお肌はもちろん、体や全体や健康にとってかなり重要な役割をしていることを説明します。
あまり知られていないのですが、じつは「コラーゲン」は、ヒトの体を作っている構成成分としてかなり多い割合になっているとても重要なものなんです。




コラーゲンの効果と役割

コラーゲンの役割としては「カラダを包んでくれる成分」というイメージを持ってもらえると分かりやすいと思います。例えば、肌・軟骨・靱帯や腱・骨などに含まれていて、コラーゲンが不足すると肌にハリが無くなったり、関節の動きがスムーズでなくなったりすることは知っている人も多いと思います。コラーゲンはこういった部分のほか、カラダ全体に影響があるので健康美容分野でかなり注目されていて研究者やスポーツ選手、美容家、芸能人でも薦めている人がたくさんいるほどです。




コラーゲンが減少していく?

コラーゲンはお肌はもちろんカラダ全体に関係があるのでいろいろな治療にも使われるほどの重要成分。これが減ってしまうのは困ります。。。なのに悲しいことにコラーゲンは加齢と共に減少していってしまうんです。カラダの中のコラーゲンが減少すると肌のハリが失われたり、関節がスムーズに動かなくなったりするといったことが起こってきます。